はせがわ芳見の創作日記

「誰かのために生きる☆スターリィマンの愛の生き方をみつめて」 

我が子の死を乗り越えている母親からの手紙(その2)

(その1の記事はこちらから)

年賀状には、

最愛の息子を亡くしてから、
その悲しみの淵から、
前を向いて生きていく、

母の乗り越えていく姿と、
生かされて生きるために、

出版された著書のこと、
その本に、私の詩を、
引用されたお礼と、

母の切なく悲しい、
親の想いが綴れていました。




………  以下、頂いた年賀状より ………


昨年6月、

長男の誕生日に合わせて
念願であった追悼記と
私共の命の証をまとめた。

「定命 父の喪 母の喪 長男が遺してくれた生き直す力」を
文芸社から出版しました。


image3


image2

同じ6月に、
「がん哲学外来カフェ」を、
自宅の近くで立ち上げ、

がん患者、家族、遺族の方々と共に、
「命を見つめる心」を命題に、
月1回カフェを開催しています。



これで、目に見えない長男を、
実感する日々を過ごしながら、

夫婦で、林佳期の生き方を、
模索しています。


息子が発病3か月前に、
岩手に出掛けました時、

ホテル森の鶯宿で、
はせがわ様の素晴らしい詩に出会い、
深く感動致しました。

出版するまで、
宮沢賢治さん作と思っておりました。


image1

(上記が、引用頂いた、私の詩です)


「秘宝の伝授」の引用の承諾、
本当にありがとうございました。

多くの人々が、
はせがわ様の詩に、
触れる機会がありますことを、
心より願っております。

………………

息子さんを想う母の愛と 
母を想う、息子さんの魂の愛が
一つになって、さらに成長し、
輝き続けている。

別れの悲しみの先には、
天から贈られる、

永遠の親と子の愛が、
希望の光になって、

お互いの想いを、照らし続けている。

それが、永遠に受け継がれる、
親子の愛の心。 


私の「秘宝の伝授」の詩が、
親子をつなぐ、
一つの光となって、

母と子の愛の絆を、 

永遠に、
照らし合いながら 
永遠を生きてほしいと!


夜空を見上げながら…

お子さんを、亡くされた、
悲しみを乗り越えておられる、
多くの親御さんたちが、

この本と出合って、
一人でも多くの方々の、、
生き直す力になって頂きたい、
そう、願います。

私の詩が、
息子さんの追悼記の著書に、
引用頂き、お役に立てたことは、

改めて、
創作を続けてきた喜びを感じ、

この世で、誰かが、
私の作品を必要としてくれて、

少しでも、その人が
幸せを見つけて頂けた

創作者としての幸せです。

その事を教えて頂き、
これからも、一心に描き続けていこう 
その勇気を頂きました。

和田さんとの出会い、
それは、スターリィマンの創作を、
30年近く続けられきた、

私の創作の軸を、
支えてくれている、 

亡き母の愛の魂と、
久々に深く出会い、
涙しました。


日々 思うこと、

人は、それぞれに、
いろいろな出会いを経験して、
今をどう思いながら、
どう生きていくかで、

自分の未来を
どのようにでも
創っていくことができる。

苦しい時
悲しい時
辛い時
嬉しい時
幸せな時
様々な日々の積み重ねから

毎日の日々を、
出会いによって、
自分の心の在り様によって
いかようにも なっていける。

どんな出会いにも、
自分らしく輝いて
生きていくための、
意味あるご縁が、潜んでいる。

気づかないか、気が付くか 
その心は 大きい

さぁ!今日の出会いに 乾杯しよう!!



我が子の死を乗り越えている母親からの手紙(その1)

先週、一通のお便りが届いた。

それは、『定命  父の喪  母の喪』を
出版された和田さんから。

和田さんを知ったのは、
昨年の春の事だった。

文芸社という出版社さんの編集の方から、

「当社から出版される著者の和田さんから

 岩手県雫石にある森の宿鶯宿のホテルに
 展示されている、宮澤賢治コーナーに掲げられている
 はせがわ様の「秘宝の伝授」という、メッセージを
 著書の中で、引用させて頂きたいとのお申し出があり
 ご許可頂けますでしょうか。。。」


本の内容を伺い、私はすぐにOKをした。

それから、半年ほどすぎた頃に
和田さんご夫妻が出版された著書が届いた。

早速、私の引用されたページを開けて確認。
そして、本を読ませて頂いた。

悪性リンパ種ホジキン病(血液のガン)で、
最愛の息子さんを30歳で亡くされた
和田ご夫婦の生き直すために書かれた、
壮絶な闘いが書かれていた。

第2部  母の喪  「1日1日」を生きる  
の中に、私の引用メッセージがあった。

以前、宮澤賢治の世界に焦がれ
岩手県を訪れた。

そして、あるホテルの階段ギャリーで、
宮澤賢治の童話をモチーフにした
「秘宝の伝授」という作品に出合いました。

そこにはこう書いてありました。


空の果てのその先に
大切なものを教えてくれる人がいました。

永遠にうけつがれ、
生かされていく真実の秘宝は愛の心です

               (はせがわ芳見作  「秘宝の伝授」より引用)


その事がご縁で、私は和田さんにお会いしたいと、
ずっと願っていました。


そして、今年のお正月に、和田さんご夫妻から
年賀状を頂きました。
  
(その2に続く)
続きを読む

はじめまして はせがわ芳見です

今日2017年2月2日から、
私の創作日記のブログを
スタートすることにしました。

なぜっていうと、
私は今年、還暦を迎えます。

わぁ!60歳!!ちょっと思う気持ち、、

でも、暦でいうと一回りして
また、生まれ変わって

今度は、今までの人生を活かしながら
自分らしく生きていく、、、

そんな素敵な生き方ができる、、、

人生を季節に例えるのなら
秋の収穫をして 
次の世代の、土壌作りする冬に向う
人生最後の時代を、世の中に
少しでも役に立って、豊かに生きていく。

人生を山に例えるなら、
今は6合目ぐらいかな、、、

頂上も見えてきた、
下も眺めることができる

そんな人生の楽しみを味わうことが
できるようになってくる。

私の喜びは、
今まで続けてきた創作の作品を、
もっと、みんなの幸せのために、
貢献すること。

結婚以来、私は、
主人の絵に お話や物語、詩を
30年近く創作してきた。

作品には、スターリィマンという主人公がいる。
彼は、星の頭をして、タキシードを着て、
色とりどりの9つの風船を荷車につけて、
世界中のみんなに届ける旅をしている、
という設定のもと、タイトルやお話や物語を
創っている。

スターリィマンの詳細はこちらから☆

みんなの幸せを願って
9つの風船を届けている
スターリィマンの世界を通して

世の中が、もっと優しく温かくつながって
みんなが思いやりの平和の心で、
幸せが生まれる愛ある社会に
なってほしいと願っている。

スターリィマンの絵と物語のように
「地球に愛を、
 みんなに夢を、
 命あるものすべてに輝きを」
 
 願いながら

世界中のみんなと、
9つの風船を届けあって

「世界中が家族にような
 温かい愛の絆でつながる社会」

 を、世界中のみんなと創っていきたい!
 

このブログでは
そんな想いを形にする作品の創作秘話を
皆様と共有頂けるように、ご紹介していきます。

皆様から
スターリィマンのような人や
こんな素敵な人、こと、
感動したこと 嬉しかったこと
幸せなこと 楽しいこと
すごいなって思ったこと等

スターリィマンの創作に生かしてほしい
投稿、コメントなど、お待ちしています。

よろしくお願いします。




livedoor プロフィール
カテゴリー
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ